shopaholic 三上津香沙
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
パリのアスティエ。
久しぶりにパリのASTIER de VILLATTEに来た。



入って早々日本の知り合いにバッタリ。そして、アーツ&サイエンスの頃から知ってるスタッフもまだいらしたのでちょっと嬉しくなった。

聞くと、就業ビザも取れたみたいで本当良かった。






陶器のお肉。



キノコ。



このへんは、日本に入ってないかも。


インセンス。




チャーリーのマグカップ、パリではずっと作ってるらしい。
スヌーピー単体が欲しかったが売り切れてた。残念。



何処をとっても可愛いお店。



あっそーだ、悩んだけどネコの香炉もゲットした。
日本にもあるみたいだけど。





9月30日。
今日もPARISは爽やかで晴天。
歩くと汗ばむ程。コートも無しでお出かけ出来る。





そして9月30日は、母のお誕生日。



BE HAPPY。
幸せに自由に楽しく老後過ごして欲しい。


ここのところ何年もこの時期パリに来ているのでメール送るくらいだ。
親不孝かな?
今年は、区切りのお誕生日だったのでちょっと残念。

子供が言うのも何だけど体も気持ちも見た目も若々しくて夫婦揃って元気でいてくれる事に感謝しなくては・・・。

仕事にかまけてナカナカ会えないけど長生きしてほしい。
親孝行しないといけないんだが元気だからかついつい甘えてばかり。

ホントうちの両親良い親なんだなぁ。
SUPER母、ホントおめでとう。

10月あった時にIPAD MINIの使い方教えるよ。
母ならこの歳でも使いこなせると思う。

パリより。

9月29日
今日は、珍しく朝から雨模様。
ずーっと、晴天続きで乾燥してたから良かった。
お肌がパリパリだから。

朝一でsacaiのSHOW。
11:00からだけど大体30分は遅くれる。
ステラのショウ会場から11時に到着してるモデルが何人か。バッグステージは戦争状態だろうね。



画面にクリックしたら見られるかな?


その後、ショウ会場から近いのでノートルダム寺院近くのミラマに。
今回は行かないかと思ったけどやはり一度は行かないとね。

お決まり海老ワンタンそば。



うんうん、いつもの味。
胃袋にしみますぜ。

これから、ジュース・ヨーグルト・パンなどなどの買い出しにまたボンマルシェ。
毎日行っても飽きまへん 笑
今夜は、夕飯も軽く軽く。
明日の夜に備えて。



こんな、チョコとコーヒーのヨーグルト発見。買うか?

とにかくスゴい種類があって。
迷う〜〜〜。
パリ レストラン。

パリのレストランは沢山あるけれど最近では日本人シェフのレストランがとても人気がある。

やはり盛り付けや味も繊細だし美味しい。
あまり、創作しすぎてるのもどうかな?って思いますが。

最近はヘルシー志向になってきて日本食も人気だが日本人シェフのフレンチレストランもナカナカ予約ご取れない。
特にファションWEEK。

昨夜行ったレストランも最近OPENしたばかりマレ地区にあるこじんまりとした可愛いレストラン。
日本人率、高かった 笑



アペリティフにジンジャービール。



セロリの根っこのムース。
初めて食べたけど濃厚で甘い、パリでは根つきのセロリを買って作るらしい。




アントレ。

胡瓜と烏賊とイカスミ味キヌアのサラダ。




鰹と大根のサラダ。




プレ。

子羊のグリル、チリメンキャベツと。




デザート。

桃のアイスがのったサバラン。
さすが日本人。絶妙な甘さでペロリといける。



写真に撮るの忘れたがワインもナチュラルでマグナムボトルからデキャンタで好きな量を出してくれる。

お腹いっぱいだけどひつこくないので美味しく頂けました。

・・・が、洋食が多いので結構きてるよーーーお腹に。

サンジェルマンの奇跡?
ベルナデット、奇跡の聖人のオマケ・・・なんて言ったらバチがあたる。
・・・けど、ボンマルシェの横にある教会。

Chapelle Notre Dame de la Medaille Miraculeuse
奇跡のメダイ教会。

もう有名で日本のツアーのご一行様も来てた。
礼拝堂の横にブテックがあって「奇跡のメダイ」が買える。







ここにもカタリーナという元修道女が聖人となってこの聖堂に祀られている。

ベルナデットと同じく眠っているままの姿でガラスケースに横たわっていた。
不思議。これも奇跡。

1830年7月に始めて聖母がカタリーナの前に現れたそうな。




心や体が病んでる人に奇跡が起こりますように。


旅 PART2
ワインで有名なサンセール。
(ブルゴーニュかボルドーしか、知らなかった・・・。)

ネベールからあまり遠くないので古堅家のワイン調達に行く事に。

一面の葡萄畑。
美しい。







今、まさに葡萄の収穫とワイン造りの真っ只中。



先ずは採れた葡萄をここで寝かせる。
結構ハイテク?・・当たり前か・・・。



その後カーブで熟成させる。



当たり前のようにBIOのワインのお店が沢山。
酸化防止剤が入ってないワインは本当に美味しいのだ。
残念ながらワインは買わなかったので古堅家にて飲ませて頂く事に。


小さな街だけどちゃんと教会が町の真ん中に。
モザイクが可愛い教会。













軽くランチを、済ませて次は悦子さん一押しの運河へ。

エッフェル塔を造ったエッフェル氏がエッフェル塔より少し前に完成させた運河だそう。


その名を「運河の橋」。








写真ではすっごく分かりづらいのだか、ロアール川の上に運河が渡っている。



だからこの広いロアール川を歩いて渡れるは運河を船で旅したり昔のように荷物を運んだり出来る訳だ。

川の上にもまた水が〜みたいな。
運河の水、漏れたりしないのかなぁ?
エッフェル氏って凄い・・・そして鉄鋼技師だったんだ。
ちょっと感動。

そんな訳で2014年9月の小旅行楽しかった。
絶対、自分だと行かない旅だから新鮮だし、パリの巡礼地は、まだまだあるらしいからまた次の機会に連れて行ってもらおう。
COMPOSTELLEには程遠いけど色んな大聖堂を見てみたい。

少しはパワーアップしたのか・・・?



ネヴェールのHotel。
ベルナデットが眠る教会から数百メートルにあるホテル。

・・・というか、民宿。
個人のお屋敷をホテルとして営業している。
大きくないが一部屋ずつタイプが違いとてもステキ。
自分家の様に落ち着く感じだ。









中庭




広々していてクラシックで気に入った。
パリのお部屋が狭いだけに・・・。
SAINT BERNADETTE。
今回の巡礼地の旅、メインイベント。
ルルドの泉のベルナデットを一目見たくてネヴェールまでやって来た。

サンジルダール教会。




今も生きたままの姿で眠っているベルナデット。



1844ー1879 享年35歳
1933年に聖人となる。

ワックスされているものの本当生きているようなベルナデット。
奇跡としか言いようがない。
心臓はまだ体の中に残っているらしい。

この写真くらいで見るのが丁度ありがたい感じ。
近くで見たから、ちょっと怖かったなぁ?
聖人といえども・・・。



巡礼の旅?
今回のパリでのお楽しみは車でのプチ旅行に行く事に。
旅のお供はモチロン・・大好きな古堅家の悦子さん・紗絵ちゃんファミリー。

しかも、巡礼地巡り。
ルルドの泉も2回行ったしね。
さぁー出発。

パリから2時間位かな、先ずはヴェズレー到着。
可愛い村。








大聖堂に行く手前でLUNCH。
全て手作りのお料理らしい。



ブルゴーニュと言えばエスカルゴってことで。




それに、ポーチドエッグの赤ワイン煮込み。



セップ茸のスープ。




さすがに全部は、無理だけどチーズオンパレード。
チーズ好きにはたまんないね。




食後は坂道を登って大聖堂。
イヤァー、素朴で可愛い。
中は修復中だった・・・残念。
ここは、マクダナのマリアが祀ってあるらしい。骨の一部が・・・。





お土産のメダイをまたGETして、またまたお茶休憩。
このCAFEも昔、教会の施設だったんだろうな。



では、次の目的地。





アルページュ

料理家の孤野扶美子さん。
チャンスがあって2回程彼女の作ったお料理を食べた事がある。

繊細でありながら力強く最小限の調理で最大限に素材の力を生かしているお料理だと思った。

もう一度食べてみたい。

・・・とそんな事でずっと来たかったレストラン。




自家菜園で作った野菜料理に定評のある
弧野さんがスタージュから修行していたレストランだ。

初めてなのでシェフのお任せコースにしてみた。

各テーブル、色々な種類の野菜が飾られている。 プチトマトテーブル。



人参チップスの上に野菜のペーストが乗ったスターター。




トマトのカスパチョ・セロリのアイスクリームのせ。




野菜ののラビオリトマトスープ。



この透明なトマトスープ、トマトの味が濃くとても美味しい。


クレープにトマトとスモークした生ハムのせ。



サイドに蜂蜜とオリーブのパテが。
シンプルに目が見えて、おくの深いワインにバッチリあう一品。


SUSHI。なんとご飯にいちぢくと黄色いトマトがのっている。

="320" alt="" class="pict">

えっと、思ったがサッパリしていて旨い。お醤油もほんのりかかってるかな?


トマトのカルパッチョ。




色んな野菜のラタトゥイユ。





・・・野菜がメインだとしてもこの辺でかなりの満足感と若干疲れてきた感じ。
後、どれだけ出るのか・・・?


クスクス。
野菜いっぱい・・・笑

class="pict">

クスクスって好きじゃなかったけど・・・野菜のペーストとマッチしてご飯のように頂ける。


もう、お肉は出ないかと思いきやお肉登場。
ジャーン??

ラム肉。



食べられるのか?・・・と思いきや。
脂身はカリカリお肉はホロホロ。
ラムの臭みなどなくボリュームの割に食べられた。

ここでお料理は終了。
美味しかったが・・・はぁー、って背伸びしたくなる。
でも、全部食べられて自分でもビックリ。


で、
プチフール。




ルバーブと林檎のパイ。



今、パイを焼き上げましたという感じでサクサクで甘みと酸味がバッチリ。
食べられちゃって。

プリン?とエスプレッソ。






以上。お料理だけで9皿。
13時に入ってお店を出たらな・なんと17時前・・・げっ??
イヤぁ美味しかったけど、星付きレストランのコースを頂くのはかなり体力が必要。と、実感した数時間。

欧米人の体力って凄いなと思い知らされました。
この日は寝るまでお腹も空かず。
満腹のまま満たされて就寝。



Check